バレエ姿勢から学ぶ!わずか30秒の猫背改善バレリーナポーズ!ターンアウトの秘密

バレエ姿勢から学ぶ!わずか30秒の猫背改善バレリーナポーズ!ターンアウトの秘密
記事のタイトルとURL をコピーする!
真理子
こんにちは、真理子まりこです。
真理子

この前、友達からバレエ教室誘われたんだけど、どうしようか迷っています。

友達からはバレエすると

猫背が治って姿勢が良くなるよ!
痩せてスタイルアップするよ!
お尻の筋肉がつくよ!」
っていうんだけど、

仕事と家事と育児で、バレエ教室に通う時間もお金も余裕がありません。
毎月6000円の月謝と定期的な発表会で数万円もかかるってマジ無理💦

でも、このたるんだカラダと姿勢をなんとかしたいのも現実・・・(-_-;)

このたるんだカラダをなんとか引き締めたい

このたるんだカラダをなんとか引き締めたい

どうしようか迷っていたので、いつものように
困ったときのかかりつけの整体院北野きたの先生”に相談したところ、さすが整体の先生です。
バレエ教室に通わなくても自宅で姿勢改善スタイルアップのバレエ「ポーズ」を教えてくれたんです。

今回は、「 バレエの姿勢から学ぶ!わずか30秒の猫背改善バレリーナポーズ!ターンアウトの秘密」をお伝えします。

バレエのターンアウト 足を左右に広げて立つ 足パカ

こんな方におすすめ
  • バレエ教室に通う時間とお金がない人
  • 自宅で猫背を改善したい人
  • 肩の巻き込みが気になる人
  • 自分で簡単にスタイルアップを実現したい人
  • バレエダンサーのようなスタイルにあこがれている人
  • 楽して痩せたい人
  • 運動もストレッチも続かない人

この記事をきっかけに、あなたもバレエダンサーのように しなやかでスラっと伸びた姿勢 を実現できることを願っています。

真理子と北野 先生真理子まりこ(38)
きたの均整院に通う患者さん
北野 先生のストレッチ体操北野 優旗きたの ゆうき 先生
きたの均整院の院長(元陸上競技アスリート)

バレリーナに猫背・肩の巻き込んだ姿勢の悪い姿勢のダンサーはいない!

真理子
先生~友達からバレエ教室に誘われているんだけど、
バレエを習うと本当に姿勢は良くなるの?
北野 優旗
いいじゃないですか!!
バレエは確かに猫背姿勢を改善したりやぽっこりお腹を引き締めたり、ヒップアップにもいいですよ!
真理子
やっぱりそうなんだ・・・!!

姿勢は見た目を大きく左右します。
ピンと背筋が伸びた姿勢は見ているだけで気持ちがいいですし、見た目も若々しく感じさせます。
しかし最近では高齢者だけではなく、スマホの見すぎや、デスクワークばかりで座りっぱなしの人が増えており、楽な姿勢を取り続けているうちに、背中にお肉がついて丸まってしまい悪姿勢で悩んでいる若者も少なくありません。

猫背などの悪い姿勢はぽっこりお腹をつくり背中に肉が付きやすい

猫背などの悪い姿勢はぽっこりお腹をつくり背中に肉が付きやすい

また、悪姿勢になると 横隔膜が広がり内臓が下がることで、ポッコリお腹になってしまいスタイルは悪くなる 一方です。

真理子
姿勢は周囲に与える印象や見え方を大きく変えてしまうってことですねー💦
北野 優旗
しかし バレリーナはどうでしょうか。

バレリーナの姿勢

バレリーナというと、 背筋をピンとした美しいスタイル を保ちながらバレエを踊る姿を想像します。
猫背やグイっと肩が前に巻き込んだ姿勢のバレリーナは見たことがありません。

バレリーナは骨盤底筋が締まっている
バレリーナは美しい姿勢、立ち姿をしていますが、それは自然と日々のバレエを踊るトレーニングの中で 美しいスタイルと正しい姿勢を維持するための骨盤を作っているからです。
下半身の筋力が落ちることで猫背や巻き込み肩を引きおこしていますから、骨盤は美しい姿勢を保つのに重要な役割を担っています。

骨盤は腰帯を構成する腸骨、座るときに椅子に接する部分である坐骨、股の上にある恥骨、脊椎の下部にある仙骨、肛門の後ろ皮下にある尾骨の5つの骨が組み合わさってできています。
バレリーナの骨盤は、この中の仙骨が立っているのです。

バレエダンサーの姿勢は仙骨が立っている

バレエダンサーの姿勢は仙骨が立っている

骨盤の後ろ側についている仙骨は背骨につながっていますから、仙骨が立つと、背筋がピンとなり立ち姿や座った時の姿勢が美しくなります。
バレリーナの骨盤は一般女性と比較すると、ずいぶん鍛えられています。
バレリーナはバレエを踊る際に高く足が上げられることが見てわかるように、身体が非常に柔らかいです。
関節の可動域が一般人より広く、関節の周囲の筋肉も一般人より柔らかいのです。
また、バレリーナの骨盤は、簡単に適切な位置にずらすことができることで足を高く上げることができますし、バレエを踊る時以外でも良い姿勢を保つことができるのです。

真理子
バレエダンサーさんは日々の努力があるからスタイルを維持できるんだね~
私できるかなぁ・・・
北野 優旗
バレリーナのスタイルや良い姿勢の秘密が隠された「あるポーズ」 があるんですよ!
真理子
あるポーズ??
なにそれ~

バレエダンサーの姿勢が良い理由とは?ターンアウトで美姿勢

バレエダンサーの姿勢の良い理由は仙骨が立って骨盤がまっすぐに正されているからですが、それは 骨盤底筋が鍛えられているからです。
骨盤底筋を自然に鍛える役目をするのが、バレエのターンアウトです。
ターンアウトはバレエダンサーがバレエを踊るうえで欠かせないテクニックです。

ターンアウト=足パカダイエット

ターンアウト

両足のつま先を180度に開いてまっすぐに立つターンアウトですが、バレエのターンアウトは、ただ足を開いて立っているだけではありません。
ターンアウトは足首だけの動きではなく足全体を外旋するために、 骨盤底筋や腹筋といった上半身の筋肉 を使います。
足だけを開こうとして足首だけ開くのは、ケガにもつながり身体に負担がかかるので、バレリーナは背をピンと張り上手く内ももから外旋させているのです。

参考論文:安静立位姿勢とクラシックバレエ基本姿勢の評価の試み 川上 泰雄教授
クラシックバレエ特有の基本姿勢として、ターンアウトが挙げられる。ターンアウトとは、股関節外旋位を維持し、体を一
直線に引き上げることである(Valerie 1997)。クラシックバレエダンサーは、長年のトレーニングにより、随意的に姿勢を制御させることを習得し、クラシックバレエにおける基本姿勢を維持している可能性がある。すなわち、安静立位姿勢からクラシックバレエにおける基本姿勢に姿勢を変化させた際の姿勢変化は、クラシックバレエダンサーと一般女性間で異なることが予想される。

ターンアウトが骨盤を立たせ、骨盤底筋を締める役割がある

ターンアウトが骨盤を立たせ、骨盤底筋を締める役割がある

また、バレエでは足のポジションといって足の置く位置が決まっています。
足のポジションは1、2、3、4、5番と5種類あるのですが、どれにもに共通していることは基本のポーズが両足のつま先が外に向くように立つことなので、これはまっすぐに身体の軸を立てないといけないことから、美しい姿勢を作るのです。
さらに、 ターンアウトは外旋運動により、内臓や骨盤の位置を正しくキープするのに必要な筋肉である骨盤底筋を自然と引き締め、バレエに必要な筋肉であるインナーマッスル(骨盤底筋)を自然に鍛えているのです。

骨盤底筋のイラスト図

骨盤底筋のイラスト図

インナーマッスルは、骨盤の周辺にある小さな筋肉が集合したものの総称になりますが、この筋肉群が機能することで股関節が外旋し骨盤底筋が鍛えられ骨盤が安定し背がピンと張ります。
骨盤底筋を鍛えるためには激しいトレーニングよりも正しい動かし方が重要 になります。
お尻の筋肉や股関節の周囲の筋肉の柔軟性を高めますから、インナーマッスルのトレーニングは正しく筋肉を動かすのに効果的です。
それは美しい姿勢につながります。

北野 優旗
バレエダンサーの美しい立ち姿は、ターンアウトが重要な役割を担っているということなのです。
真理子
なるほどですね!
ターンアウトが骨盤を引き締め、背筋を伸ばす筋肉を作ってくれることなんですね!

バレエのターンアウト 足を左右に広げて立つ

バレエで使用する筋肉は、ほぼ視覚では確認しにくい内ももや腹筋、背筋、また足の裏と足の指の5つの筋肉を使用しています。
この5つの筋肉は、長時間同じ姿勢をキープすることに効果を発揮しています。
5つの筋肉を鍛えることは、美しい姿勢を保つのに効果的なのです。
また、バレエダンサーは皆、日々トレーニングしていますが、男性的なマッチョな体型ではなく、女性らしい美しいスレンダーな体型です。
それはやはりインナーマッスルを意識しているからです。
バレエダンサーは常に お尻を小さく引き締め足を外旋させて踊るので、太ももやふくらはぎの筋肉は使わず、女性らしい柔らかいボディラインをキープでき、良い姿勢 を作ることができるのです。

真理子
バレエダンサーさんのスタイルの秘密はよくわかりました!

でも・・・・

北野 優旗
でも??💦
真理子
毎日、仕事と家事と育児でバレエ教室に通う時間て、私にはありません・・・
毎月の月謝も高いし・・・
自分で家でターンアウトしようとしても、きちんと正しくできてるか分からないし・・・

家事・育児・仕事が忙しすぎて・・・

家事・育児・仕事が忙しすぎて・・・

やっぱ無理だわ((+_+))

北野 優旗
そんなことないですよ!
自宅で簡単に正しくターンアウト以上の効果を出すエクササイズが一つありますよ!

それは、私が整体の合間に開発した「レグール」って商品です!

真理子
レグール??なにそれー
ストレッチ体操のやり方

バレエのターンアウト理論から生まれた姿勢改善LEGOOL(レグール)30秒~効果実感

デスクワーク中やテレビを見ている時など、「こんなちょっとした時間に姿勢矯正や骨盤矯正ができたらな」と思うことはないでしょうか。
ちょっとした時間だけで骨盤・股関節ケアができるグッズなどがあれば便利だと思いませんか?

そこで今回は、私が開発したLEGOOL(レグール)というグッズをご紹介したいと思います。
猫背をバレリーナのようにスラっと伸びた姿勢に導くことができます。 さらに骨盤矯正、ヒップアップ、ぽっこりお腹改善、O脚矯正を自分で簡単にできてしまいます。

自宅で簡単!さらに時短!バレエ理論を応用したスタイルアップLEGOOL(レグール)

LEGOOL(レグール)のターンアウトを使うと、より簡単で短期間で股関節の柔軟・骨盤矯正

LEGOOL(レグール)で簡単に効果アップの股関節・骨盤エクササイズ

O脚矯正レグールを使って外旋筋トレーニング

レグールを使って股関節の柔軟性を高め、骨盤を引き締めるトレーニング

ストレッチ体操の方法を解説
姿勢
  1. レグールを肩幅間隔に置き、その上に立ちます。
方法
  1. 膝を伸ばしたまま、レグールに乗った足を左右に開きます。
  2. 開くところで1秒ほど止めて、力を抜いて元の状態に揃えます。
回数 10回×2セット
ポイント わずか3分もかからず、骨盤や股関節のインナーマッスル(骨盤底筋こつばんていきん)臀部の筋肉群にアプローチ することができます。
レグールに乗れば 誰でも簡単に スムーズにバレエのターンアウトエクササイズが可能となり、骨盤周辺を強化をすることができます。
骨盤底筋のストレッチ体操で鍛えると体型年齢が若返る!

骨盤底筋のストレッチ体操で鍛えると体型年齢が若返る!

 
効果
回転軸がかかとではなく土踏まずになるため、正しい外旋運動ができます。膝や股関節を痛める心配もなく、乗ればだれでも簡単に骨盤周辺の大殿筋だいでんきん中殿筋ちゅうでんきん骨盤底筋こつばんていきん梨状筋りじょうきんといった外旋筋がいせんきんを鍛えることでき股関節の柔軟性と筋力アップ効果があります。
またその他にも多くのメリットがあります。

レグールは当ブログ執筆者の北野が開発した健康器具です。
バレエのターンアウト理論を基に開発し、短期間で効果的な股関節調整・骨盤矯正を実現することができます。
さらにこのレグールを使うことにより、さらなるスタイルアップ効果6つのメリットがあります。

真理子
すごい!骨盤が締まって立てってるのが分かる!
自然と胸も開くし、すごい! 
北野 優旗
ターンアウト理論を応用したエクササイズですからね!
正しい筋肉がミルミルついてきますよ!

レグールを使った姿勢矯正のお悩みQ&A

40代 女性
レグールを使うことでバレエ教室に通う以上に効果は期待できますか?
北野 院長
姿勢を矯正したり、猫背を改善するために筋肉をつけるという目的であれば、わざわざバレエ教室に通う必要はありません。
レグールなら効率よく身体に正しい筋肉と骨格バランスを作り出してくれますので、自宅でターンアウト理論を導いてくれます。
さらにレグールの内部には香川大学と共同研究したスプリングが内蔵されています。
スプリング負荷が骨盤に適度な効力を与え、引き締めることができますので、効果は十分期待できると思います。
※個人差はあります。

30代 女性
バレエ教室に通うより安くつきますか?
北野 院長
バレエ教室に通うだけでも、毎月の月謝6000円以上かかります。
シューズ、ジャージの購入で1万~3万円。
また、発表会に必ず誘われると思います。その場合は衣装のレンタル5~10万円(定期的に開催)
さらに発表会のチケットの購入を要求され数万円かかります。
バレエ教室に通うだけでもかなりのコスト維持がかかるとお考え下さい。

しかしレグールだと、15000円でバレエ理論を集結したターンアウトが可能です。
これだけで、 余分な費用を払わずスタイルアップを実現 できます。
バレエダンサーのような体型を目指すだけなら、レグールの方が断然お得ですね


50代 男性
男でもレグールを使えますか?
北野 院長
もちろん男性でも使えます。私も使っています!
ただ、足のサイズをしっかりとご確認ください。
27.0cmまでの足サイズですとレグールに乗って使えます。

まとめ

姿勢は見た目を大きく左右します。
背筋が伸びた姿勢は見ているだけで気持ちがいいですし、見た目も若々しく感じさせます。
しかしスマホの見すぎや、デスクワークばかりで座りっぱなしの人が増えており、楽な姿勢を取り続けているうちに、背中にお肉がついて丸まってしまい悪姿勢で悩んでいる若者も少なくありません。

そこで バレエダンサーのターンアウト理論を応用したレグール をご紹介しました。
バレエ教室に通う 時間やお金がなくても、簡単に 自宅でバレリーナ体型に導いてくれます。
バレエの先生がいなくても、レグールに乗って足を左右に開くだけで骨盤の傾きが変わり背筋改善につながります。
またレグールのターンアウトは外旋運動により、内臓や骨盤の位置を正しくキープするのに必要な筋肉である骨盤底筋を自然と引き締め、インナーマッスル(骨盤底筋)を自然に鍛えているのです。

さまざまな効果が期待できるレグールは今後注目です!

バレエ姿勢から学ぶ!わずか30秒の猫背改善バレリーナポーズ!ターンアウトの秘密

良かったら「いいね」「シェア」宜しく!

ABOUTこの記事をかいた人

きたの均整院 院長 / セルフケアトレーナー

身体均整法を取得し、整体の実技、セルフケアトレーナーを取得。順天堂大学にてスポーツ健康学を学び、中学高校の保健体育教員資格取得。学生時代は陸上競技で全国2位の実績。2007年きたの均整院を開業。パリコレに出演したモデル、日本代表の陸上選手などのカラダのケアも行う。ストレッチセルフケア講習イベントを定期開催中。O脚や骨盤などの歪みを自分で解消するスタイルアップLEGOOL(レグール)を開発。三豊市ものづくり大賞受賞 。日米特許取得。RSKRNCなどのテレビ番組に出演実績。

≫ 運営者「北野 優旗」のプロフィール詳細