バレエで使う筋肉が「骨盤美人」に導く!簡単30秒ターンアウトエクササイズ

バレエで使う筋肉が「骨盤美人」に導く!簡単30秒ターンアウトエクササイズ
記事のタイトルとURL をコピーする!
真理子
こんにちは、真理子まりこです。
真理子

先日、友人から「バレエ教室に一緒に行かない?」って誘われたんだけど、どうしようか迷っています。

友達が言うには、バレエに通うと

猫背が治って姿勢が良くなるよ!
骨盤が引き締まってお尻が小さくなるよ!
痩せてスタイルアップするよ!
お尻の筋肉がつくよ!」
って、言うんだけど本当かな??

仕事と家事と育児で、バレエ教室に通う時間もお金も余裕がありません。
毎月6000円の月謝と定期的な発表会で数万円もかかるってマジ無理💦

でも、このたるんだ骨盤とお腹をなんとかしたいのも現実・・・(-_-;)

たるんだお尻とたるんだお腹

たるんだお尻

バレエに通うか迷って自分では決めかねたので
困ったときのかかりつけの整体院北野きたの先生”に相談したところ、さすが整体の先生です。
バレエ教室に通わなくても自宅で骨盤ケアのバレエ「ポーズ」を教えてくれたんです。

今回は、「 バレエで使う筋肉が「骨盤美人」に導く!簡単30秒ターンアウトエクササイズ」をお伝えします。

バレエのターンアウト 足を左右に広げて立つ

こんな方におすすめ
  • バレエ教室に通う時間とお金がない人
  • 産後の骨盤をできるだけ早く締めたい人
  • 自宅で骨盤を引き締めたい人
  • インナーマッスルを引き締めたい人
  • バレエダンサーのようなスタイルにあこがれている人
  • ラクして痩せたい人
  • 運動もストレッチも嫌いで続かない人

この記事をきっかけに、あなたもバレエダンサーのように ギュッと引き締まった美しい骨盤 を実現できることを願っています。

今回の登場人物

真理子と北野 先生真理子まりこ(38)
きたの均整院に通う患者さん
北野 先生のストレッチ体操北野 優旗きたの ゆうき 先生
きたの均整院の院長(元陸上競技アスリート)

バレエダンサーに骨盤の開き・O脚・下半身太り・たるんだお尻の筋肉はいない

北野 優旗
人は成長すると共に背中や腰やお尻や足など、身体が硬くなっていきます。
真理子
私は、同時に身体がたるみ体重も増えてます・・・(~_~メ)
しかしバレエダンサーは美しい姿勢をキープできます。
また、バレエは身体に負担のかからない状態で筋肉を伸ばすので、自然に柔らかくすることが可能です。
体幹を軸に腕や足を回しながら動かすことで、肩甲骨と股関節の凝りがほぐれ可動域が広がり、血行がよくなり新陳代謝があがりダイエット効果 をもたらします。

バレエで必要な筋肉は骨盤やお腹を締めて全身をほっそり見せる

北野 優旗
バレエで使用する筋肉は、ほぼ視覚では確認しにくい筋肉です。
インナーマッスル という言葉を聞いたことがないですか?
真理子
聞いたことある!内側の筋肉ってこと!
そのままだけど(笑)

皮膚の下で美しい身体をつくるために密かについている筋肉になりますが、バレエではインナーマッスルを必要とします。

バレエのターンアウトで引き上がる腹筋群

バレエのターンアウトで使うお腹のインナーマッスル

主にバレエでは、内もも、腹筋、背筋、足の裏、足の指の5つの筋肉 を使用します。
どれも見えにくい筋肉になります。
この5つの筋肉は、長時間同じ姿勢をキープすることに効果を発揮しています。

バレエダンサーのスタイル

バレエダンサーのスタイル

バレエダンサーは皆、筋肉がついていますがムキムキな人がいません。
それはインナーマッスルを意識して、トレーニングをしているからです。
バレエダンサーは常に お尻を小さく引き締め足を開いて踊るので 太ももやふくらはぎの筋肉は使わず、女性らしい柔らかいボディラインをキープできているのです。

北野 優旗
お尻を小さく締め、足を開いて踊る動きについては、のちほどお話しいたします。

バレエダンサーの足の形

足が外側に向いて立ち姿が不格好なO脚や、走行中に足が外に向くので女性らしくない印象を与えるガニ股で悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
ですが、バレエダンサーは普段から股関節を開いて お尻を締めているので、自然とO脚やガニ股になるのを防いでいます。

バレエダンサーにO脚や下半身デブはいません

バレエダンサーにO脚や下半身太り、ガニ股はいません

また、バレエダンサーには、下半身にぜい肉がついている人はいません。
バレエは日々、柔軟な身体をつくるためのトレーニングを行っているため、自然にダイエットができているのです。
硬い身体は代謝が悪くなることで血行不良になりますから、脂肪や老廃物が体内に蓄積されていきます。
反対に、バレエダンサーのような柔らかい身体は新陳代謝がよくなり痩せやすくなるので、股関節を鍛えているバレエはダイエットの効果があり、下半身太りを防ぎます。

バレエのターンアウト 足を左右に広げて立つ足パカ

そして、バレエダンサーはかかととかかとをピタリとくっつけ、つま先を外に広げるターンアウトの立ち方は下半身の筋肉を使用するので、下半身太りを防ぐ他、お尻の引き締め効果にもつながります。
バレエダンサーは綺麗な足の形になるポーズが身についているというわけです。

真理子
そのバレエの ターンアウトの立ち姿勢が 骨盤をキレイに整えて、スタイルアップを維持できるってわけですね!
真理子
でもそのターンアウトってどんな立ち方ですか?
北野 優旗
ターンアウトと骨盤について詳しく説明しますね♪

バレエのターンアウトで使う筋肉が「骨盤美人」に導く

ターンアウトとは、股関節を軸として足のつま先を180度開く直立基本姿勢のことです。
このターンアウトが「お尻を小さく締め、足を開く姿勢」がお腹や骨盤のインナーマッスルを引き締める役割となるのです。

ターンアウト=足パカダイエット

ターンアウト

骨盤は寛骨、仙骨、尾椎の三つの骨がつながってできています。
寛骨は料理に使用するボウルのように大きく丸く広がっていて、中に入っている重要な内臓を包む大切な役割をしています。
仙骨は背骨とつながっていて骨盤をまっすぐに立てる役割をしています。
尾椎は尾を形成する重要な部分です。

ターンアウトが骨盤を立たせ、骨盤底筋を締める役割がある

ターンアウトが骨盤を立たせ、骨盤底筋を締める役割がある

バレエは 内臓や骨盤の位置を正しくキープするのに必要な筋肉である骨盤底筋が働くので骨盤が美しく立ちます。
骨盤底筋は、バレエを踊る際に強く影響しているのです。

バレエのターンアウトの必要性

バレエでは様々な場面でターンアウトが必要になります。
ターンアウトはバレエを踊るにあたりすべての動きを成り立たせているといっても過言ではありません。
ターンアウトは主にインナーマッスルを使用しますから、骨盤を整えるのによい役割をしているのです。
しかしそれは、トレーニングをしなければ育ちません。
バレエダンサーは家の中で歩く時もターンアウトを意識して生活をしていますからインナーマッスルが鍛えられています。
また、お尻の筋肉は意外に大きくなかなか伸びないので、インナーマッスルのトレーニングはお尻の筋肉の柔軟性を高めるのに効果的です。
ターンアウトは お尻の奥にある外旋筋と、内ももの筋肉である内転筋群とさらに裏の外側にあるハムストリングスの筋肉、また腰の奥にある腸腰筋をそれぞれの動作に合わせてバランスよく使うことで、美しいしなやかな体型が作られる のです。

ターンアウトに効く筋肉(腸腰筋、ハムストリング、内転筋、外旋筋)

ターンアウトに効く筋肉(腸腰筋、ハムストリング、内転筋、外旋筋)

骨盤美人は姿勢美人

バレエダンサーの共通点は立ち姿が美しいことではないでしょうか。
これは、ターンアウトのトレーニングで立ち姿勢の美しさが身についているからです。
姿勢が悪いと横隔膜が広がり内臓が下がることで、ポッコリお腹 になってしまいます。

姿勢が悪いと内臓下垂からぽっこりお腹へ

姿勢が悪いと内臓下垂からぽっこりお腹へ

姿勢は周囲に与える印象や見え方を大きく変えてしまいます。
ターンアウトは骨盤を正すだけでなく、見た目も美しい印象を与えるのです。

ターンアウトは正しく行わないと膝・股関節・足首のケガをすることも!?

バレエダンサーでもターンアウトは難しいです。
例えば足からターンアウトしようとすると、バランスが崩れてしまい、軸がしっかりしないことで骨盤の角度がずれてしまうこともあります。
ですからバレエを行ったことのない人は、いきなりターンアウトをすることはケガをする恐れがありますから、本来はバレエ教室に通い正しいターンアウトの指導を受けるのがベストです。

バレエ教室で正しいターンアウトを習う

バレエ教室で正しいターンアウトを習う

真理子
でも、ターンアウトだけ教えてもらいに通うのって申し訳ないし
お金ももったいなぁ・・・
北野 優旗
自宅で正しいターンアウトができたら、いいですよね!
真理子
そりゃ!自分でできれば、経済的にスタイルアップを目指せて最高だけど
そんな夢みたいな話はないでしょ。
北野 優旗
その 夢みたいな健康器具を使って、自宅で正しいターンアウトを身に着けられるんですよ!

バレエのターンアウト理論を応用したエクササイズLEGOOL(レグール)を開発!

LEGOOL(レグール)とは、きたの均整院の院長が開発したバレエのターンアウト理論を応用したエクササイズ器具です。
レグールを使うことによって、 バレエに通ったことがない人でも、正しい外旋運動により骨盤を引き締め、お腹のインナーマッスル(腹横筋)を引き上げる動作が簡単に行えます。

まさに、 魔法の骨盤エクササイズ です。
使い方もとっても簡単!レグールに乗ってターンアウトのように足を左右に開くだけ!

レグールのスプリング負荷が骨盤やお腹の深層筋に届き、スタイルアップをサポートしてくれます。
レグールに乗って足を開くと 骨盤が締まり、胸の肋骨が開くという人間の身体の連動 が生まれます。
この連動がバレエダンサーの美しいスタイルの秘密 なのです。

骨盤底筋トレーニングで尿漏れ解消!

骨盤底筋トレーニングで尿漏れ解消!

またぽっこりお腹を改善するだけでなく、バレエダンサーのようにヒップアップしたお尻、O脚改善、猫背を改善する筋肉が自然とついてきます。

バレエで骨盤底筋が引き締まる!たった30秒のバレリーナポーズでペリネケア!

バレエで骨盤底筋が引き締まる!たった30秒のバレリーナポーズでペリネケア!

2019年5月20日
真理子
これ北野先生が開発したの!?
すごいですね!ぜひ使わせてください!

バレエのターンアウトで骨盤美人を目指すお悩みQ&A

40代 女性
産後なのですが、分でターンアウトしても骨盤は締まりませんか?
北野 院長
ご自身でターンアウトをされてもOKですが、先に述べたように、正しいフォームで行わなければ、膝関節や腰、股関節を痛めてしまう可能性が高まります。
それは、自分で足を開いたり閉じたりすると床と脚の摩擦が生じ、足首関節・膝関節・股間節にねじれの負荷がかかってしまうからです。
レグールを使った外旋運動では各関節に余分な負荷が生じず、股関節の外旋筋に正しくアプローチできますのでケガをするリスクはありません。
器具を使わずにご自身で行う場合は、無理をせずに行うようにしてみてください。

30代 女性
レグールを使って骨盤が反り過ぎることはありませんか?
北野 院長
レグールの使用には回数を設けております。
一日10回の2セットほど行って頂きます。使用時間は1分程で完結するエクササイズです。
この回数以上を行いすぎると、骨盤が立ちすぎて仙骨が反りかえる恐れも考えられます。
使用回数を確認しながら、適度に行うようにしましょう。

50代 男性
レグールを使うとバレエ教室に通った効果と同じですか?
北野 院長
ターンアウトによる骨盤美人を目指すという意味では、バレエ教室に通う以上に集中的に骨盤をケアできます。
レグールのスプリングが外旋運動をさらに強化して骨盤や脚の歪み・ぽっこりお腹を解消に導くからです。

バレエ教室に通うということは、その他の動きや踊りを習得していきます。
バレエ本来の踊る楽しみを目的とするのであれば、バレエ教室をおすすめします。

まとめ

バレエダンサーに骨盤の開き・O脚・下半身太り・たるんだお尻の筋肉はいないということがお分かりいただけたかと思います。
それはターンアウトというバレエ特有の外旋運動が骨盤を正しい位置へ導き、インナーマッスルを鍛えることで美しいスタイルを形成させているのです。

そのターンアウトレッスンを集約したレグールなら毎日手軽に部屋で行えます。
テレビを見ながら、歯を磨きながら、スマホをしながらできるエクササイズで骨盤を矯正させることができる画期的な健康器具です。

無理のない程度に行い、バレエダンサーのような美しい姿勢を身につけ骨盤美人を目指しましょう。

バレエで使う筋肉が「骨盤美人」に導く!簡単30秒ターンアウトエクササイズ

良かったら「いいね」「シェア」宜しく!

ABOUTこの記事をかいた人

きたの均整院 院長 / セルフケアトレーナー

身体均整法を取得し、整体の実技、セルフケアトレーナーを取得。順天堂大学にてスポーツ健康学を学び、中学高校の保健体育教員資格取得。学生時代は陸上競技で全国2位の実績。2007年きたの均整院を開業。パリコレに出演したモデル、日本代表の陸上選手などのカラダのケアも行う。ストレッチセルフケア講習イベントを定期開催中。O脚や骨盤などの歪みを自分で解消するスタイルアップLEGOOL(レグール)を開発。三豊市ものづくり大賞受賞 。日米特許取得。RSKRNCなどのテレビ番組に出演実績。

≫ 運営者「北野 優旗」のプロフィール詳細