【ボディバランスチェック】ストレッチ体操前に自分の体の歪みを知る

ボディバランスチェック
記事のタイトルとURL をコピーする!

全身の要である骨盤が傾いたり、広がったりすると、本来あるべき姿勢を保てなくなります。 そこで、あなたのボディーバランスをチェックしてみましょう。

自分でできるボディーバランスチェック

当てはまるあなたはQitano式エクササイズ・ストレッチが必要

チェック.1 腰骨の高さが違う

骨盤の左右の張り出した骨が腰骨。 つまり、腰骨の高さが違うということは骨盤が傾いているというわけです。 右利きの人は、右の骨盤が上がっていることが多くなっています。 あなたの腰骨は左右対称ですか?

チェック.2 ウェストのくびれ方が違う

本来、ウェストのくびれ方をも左右対称なのが理想です。 左右でくびれ具合が違うということは、骨盤全体が左右どちらかに傾いたり、どちらかの腹筋が弱って緩んでいる可能性もあります。

チェック.3 肩の高さが違う

骨盤が歪んでいると、骨盤につながる背骨も歪み、さらにそれに支えられる肋骨にも歪みがでます。 それが顕著に表れるのが肩の高さです。 ネックレスがいつもどちらかに傾いている人は、どちらかの方が上がっていますよ。

チェック.4 膝の向きが違う

膝の向きの違いも骨盤の歪みや筋肉の緩みを見つけるヒントです。 骨盤が広がっていたり、股関節が硬くなる、下肢の筋肉が弱まると両膝が左右対称に前を向きません。 O脚やX脚の原因になることもあります。

チェック.4 脚の開き方が違う

床に座って自然に脚を投げ出したときに足先の開き具合が違う人は、骨盤の開き具合が左右対称ではありません。 とくに右利きの人は右足が大きく傾いてしまう傾向があり、右の骨盤が開いてしまっています。

番外編靴の減り方が均等でない

靴の減り方が左右で違ったり、外か内かどちらかが側からすり減る人も体はアンバランスです。 ちなみに…外側からすり減るのは骨盤が広がっている可能性大です。

パートナーと一緒にボディーバランスチェック

当てはまるあなたはQitano式エクササイズ・ストレッチが必要 鏡は頻繁に見ていても、体の正面しかよく見ていないもの、なるべく裸に近い状態の後ろ向きと横向き姿をパートナーにお願いして、撮影してもらいましょう。 パートナーに後ろ姿と横向きの写真を撮ってもらいましょう

横向き姿写真 横向き姿は顎から下と膝から上が写るように撮影してもらいましょう。
後ろ姿写真 後ろ姿は全身が映るように撮影してもらいましょう。

後ろ向き写真でチェック.1 肩甲骨の高さが違う

肩の前側でチェックしたのと同様、肩の高さが違えば当然、肩甲骨の高さも違ってきます。 すると肩も凝りやすくなります。 肩甲骨周りは代謝アップを支える重要な筋肉がついています。 左右均等に鍛えておきたいですね。

後ろ向き写真でチェック.2 膝のシワが大対象でない

自分ではあまり気にすることの少ない膝裏のシワ。 しかし、ここも骨盤の歪みを知る手がかりになります。 膝裏は老廃物を流すリンパが通っていますので、バランスが悪くなると余計な脂肪もつきやすくなります。

横向き写真でチェック.3 姿勢が良くない

猫背

背中が丸まって肩が前に巻き込み気味になり、顎が突出してしまう姿勢です。 骨盤が後傾し、呼吸も浅くなりがちです。 肩こり、腰痛を起こしやすく、どんどん太りやすくなってしまいます。

出っ尻

反り腰でお腹お尻を突き出す姿勢は、スタイルを良く見せようとするときに取りがちな女性が多いです。 しかし、骨盤が角に前傾してしまい、腰にとても負担がかかってこと腰痛を起こしやすいのです。

ボディバランスチェック

良かったら「いいね」「シェア」宜しく!

ABOUTこの記事をかいた人

きたの均整院 院長 / セルフケアトレーナー

身体均整法を取得し、整体の実技、セルフケアトレーナーを取得。順天堂大学にてスポーツ健康学を学び、中学高校の保健体育教員資格取得。学生時代は陸上競技で全国2位の実績。2007年きたの均整院を開業。パリコレに出演したモデル、日本代表の陸上選手などのカラダのケアも行う。ストレッチセルフケア講習イベントを定期開催中。O脚や骨盤などの歪みを自分で解消するスタイルアップLEGOOL(レグール)を開発。三豊市ものづくり大賞受賞 。日米特許取得。RSKRNCなどのテレビ番組に出演実績。

≫ 運営者「北野 優旗」のプロフィール詳細